日本禁煙学会に認められているニコレットと電子タバコ

ニコレットは日本禁煙学会に認められている禁煙を目指すための禁煙補助剤です。ニコレットの仕組みとしては、喫煙習慣をやめるためにニコチンによる中毒症状を軽減するというものです。ニコチンは脳に対して快感を与える物質を分泌させるため、この快感を忘れることができないために中毒症状が発生します。しかし、いきなりニコチンを身体から抜くとその反動で中毒症状が酷くなり禁煙そのもの失敗につながります。ニコレットを利用した場合には低用量のニコチンを摂取し、体内のニコチン濃度をゆっくりと下げていくことで、その中毒症状を緩和し、またその依存する症状が出ないようにして、最終的に禁煙をするというものになります。このニコレットと同じような方法としては皮膚にパッチを貼ってニコチンを摂取するといったものも学会では認められており広く禁煙治療に使われています。いずれにしても過度の煙草中毒にはニコチンが大きく関与しており、この中毒を解消することで禁煙できるとされています。

一方で学会には認められていないものとしては電子タバコがあります。電子タバコは禁煙を目指すというよりも、周りに迷惑を掛けないで煙草を吸うという性質のものです。電子タバコの仕組みはリキッドと呼ばれる液体を、電熱で加熱して水蒸気の形で吸引するというものです。これまでの禁煙フィルターと異なり、もとの煙草や火を使わないといった違いがあり、周囲に対して副流煙の被害が出ないというメリットがあります。電子タバコのリキッドでもニコチンが含まれたものも販売されており、煙草の代替として使われるケースも多くありますが、多くの場合には香りだけを楽しむものが中心になります。これらの性質を利用して喫煙習慣の理由のひとつである口元の寂しさを紛らわせることで、電子タバコを使って禁煙を目指すということもできます。