ニコレットを使用して気持ち悪いなどの副作用

ニコレットはガムの中にニコチンが含まれていて、タバコを吸いたいという気持ちを抑える禁煙をしている人の強い味方となってくれるものです。
ニコレットは、ゆっくりと噛みピリッとした味を感じたら歯茎と頬の間においておいてニコチンを吸収して、味がなくなったらまたゆっくり噛んで歯茎と頬の間においておくという作業を繰り返す特殊な噛み方をするガムです。
ニコチンを口の中の粘膜から吸収させるのでこの様な噛み方をするのですが、早く噛んでしまうと唾液の分泌も活発になってしまって唾液ごとニコチンを飲み込んでしまうので吸収が悪くなってしまうので注意です。
ニコレットは噛み方の他にも注意しなければならない指定第2類医薬品です。
もちろん、タバコを吸っていない人は噛んでは駄目ですし、すでに他のニコチン製剤を使用している人も使用出来ません。
他にも心臓に問題のある人や妊娠している人なども使用が出来ません。
ニコレットは、禁煙の強い味方となってくれるアイテムですが稀に副作用が出てくる可能性もあります。
気持ち悪いなどと感じる人もいますし、胸が気持ち悪いという人もいます。
副作用は他にも、口内炎やのどの痛みを感じる人もいますし、頭痛、めまい、動悸などを感じる人まで様々です。
もちろん、こういった気持ち悪いなどの副作用が出た場合は使用をすぐに中止して医師や薬剤師に相談することが大切です。
また、ここまでいかなくてものどの刺激感や舌の荒れなどを感じる人がいます。
これはゆっくり噛むようにすることで改善することも多いですが、長引いたり悪化する場合は使用を中止して医師や薬剤師に相談します。
また、一度に大量に使用したりすると急性ニコチン中毒の危険性もあるので使用にはよく注意することが大切です。